FC2ブログ

2021-06

マラソン用サンダルを自作しました

もしランニング用のサンダル、マラソン用のサンダルを自分で作ってみたいと
思ってる人がこのブログに訪れたときに読んでもらえるように今回は長めになってます。
個人的な話は良いからとにかく作る工程が見たい!
と、いう人はどんどん下の方に進んでいただいてください。
自作工程の写真を添付しておきます。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


最初は初心者用のマラソンシューズを履いて走り回ってたんですが
使い続けていたら膝が痛くなったり足の爪が内出血したりを繰り返してしまいまして。

「企業が研究を繰り返して初心者の足にも優しいシューズを開発してくれたのに
オイラの足に合わないってどうゆうことだー。( ゚Д゚)」

と、当時は思ったものです。(逆恨み)

しかも自分の足に合いそうなシューズを調べてから選んだんじゃなく
メーカー様のお名前だけで購入するシューズを決めてしまいました。
いま思うと、オーダーメイドでオイラの意見を取り入れて作ってもらった訳じゃないのに酷い言い分です。

いろんなメーカーのシューズを履き比べれるほどの予算も無くマラソン雑誌を見ていたら
裸足感覚で走れるシューズが紹介されてて一発で心惹かれてしまいました。

それがビブラムという会社で販売している5本指のシューズでした。
↑赤文字をクリックするとリンク先に移動することが出来ます。

欲しいけど高い!欲しいけど高い!!と思いながらも購入したことが
2012年5月16日のブログで確認できました。( `ー´)b
↑赤文字をクリックするとリンク先に移動することが出来ます。


5本指のシューズには見た目通りクッション性がほとんどありません。
これで走っていて故障するということは走り方が悪い証拠なのです。
最初はふくらはぎが疲れてしまって1kmも走れなかったんですけど
履き続けてたらフルマラソンを完走しても膝が痛くならなくなりました。
走りたいけど膝が痛いと思って引退を考えてる人はぜひ自己ベストの更新は諦めて
健康に走り続けれる方法を探してみてくださいな。
クッション性の無いシューズのご利用はくれぐれも自己責任でお願いします


そんな5本指のシューズも2018年10月07日に寿命が来まして。
約6年間の活躍に終わりが来てしまいました。

↓画像をクリックすると大きくなります。
5本指のシューズ・終了のお知らせ

指の間の布の部分はかなり早くに擦り切れてましたが履き続け、
さすがに親指の腹の部分に穴が開いたので諦めました。
新しくシューズを買い替えるときにもう一度
ビブラムの5本指を購入しようかと考えたのですが
年齢的にも自己ベストの更新を狙い続けるのは
身体に悪いと判断しランニング用のサンダルを自作することにしました。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



まずは道具の調達。
近所のイオンの中に手芸屋さんがあるので欲しいものがだいたいそろいます。
作るときに参考にさせてもらったブログでシートの上に革を貼ってたのでそれも真似します。
革の必要性は分かりませんが手芸屋さんで破皮を扱ってくれてたのはかなりありがたかったです。
早く作りたい気持ちを抑えてちょうどいい大きさと肌触りの一品に巡り合うのを待ちましょう。


破革 1272円(2足分)
ビブラムシート厚さ7mm 3280円(2足分)
カシメ(大) 203円
アジャスター 198円
ppベルト 1.2mm厚 10mm巾 6m 972円
近所で売ってなかったため通販。
短いと困るので超余裕をもって長めに購入。
ちなみに片足には1mあればゆっくり間に合いそうです。

↓画像をクリックすると大きくなります。

自作ランサン・牛革破皮、ビブラムシート、ベルト





万能ハサミ 715円
家庭用のハサミじゃ心許ないため購入。
革も綺麗に切れましたし、ビブラムシートも切れました。
ボンド 318円
ホームセンターで購入
穴あけポンチ 437円
写真にはありませんが穴を開けるときにに金づちが必要です



↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン2・万能ハサミ、ポンチ、ボンド





道具をそろえたらコピー用紙で足型を取ります。
↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン3・足の型取り





足型を少し大きめに切り取り、その足型のサイズに破革を切り取ります。
↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン4・破革を型取りした大きさに切る





足のサイズに切り取った破革をビブラムシートに貼り付けます。
きちんと乾いたらビブラムシートを足型に切ります。
↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン5・足のサイズに切った破革をビブラムシートに貼る





親指と人差し指の股のところに2か所、切り込みを入れます。
自分は普通の細いカッターを刺しました。
シートが固くて刃が折れそうでかなり怖いです。
変に切り口が大きすぎても困るのでとても緊張しました。
切り込みが出来たら穴にベルトを置いて、マイナスドライバーで押し込んで、
鼻緒→外くるぶし→内くるぶしと土踏まずのあいだくらい→甲の順番にベルトを通します。
甲のところでベルトの下から通して折り返してアジャスターに通します。

↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン6・鼻緒→外くるぶし→内くるぶし→甲の順番にベルトを通す





鼻緒の部分をカシメで止めます。
鼻緒の部分が短すぎると指の股が少し痛いです。
↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン7・鼻緒の部分をカシメで止める





実際に足を通してみてサイズ感の確認。

↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン8・足を入れてみてサイズの確認

足型よりも大きめにシートを切ったのでかなり余裕があります。
余裕、、、というか無駄があり過ぎて試しに走ってみたら
バッタバッタとうるさくて走りづらかったです。
このあと、つま先もギリギリまで切って、
右足の内側のベルトを通している穴もギリギリに開け直して、
元々あった右足内側の穴は切り落としたと思います。
あと、ベルトの長さも適度に短くしないと走るときに邪魔になります。
ベルトを切った後は、ライターで先っぽをあぶってあげると
ブサブサにほつれたりせずにナイロンが丸まって綺麗になります。

後で微調整ができるため、1作目は余裕をもって大きめに作ることをおススメします。
( `ー´)b





2020年8月25日。
↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン9・約2年で鼻緒が切れました

練習中に鼻緒が切れました。
家から500mほどまで帰ってきてたので片足は裸足のまま帰宅。
レース中じゃなくて良かったです。( ゚Д゚)

日付的には約2年くらい持ちましたが最初は全然距離も走れませんでしたし。
コロナな感じで大会も無いため練習の頻度や強度も少ない状態での2年でした。
仕様日数に限らず、大会前にはベルトを交換して、2~3回慣らすのがよろしいかと思います。




以上でご報告は終わりです。

ベルトじゃなくてカラフルな紐で作ってる人のブログも見ますし、
黒い革じゃなく他の色を使っても良いと思いますし、
金具やアジャスターの色にもこだわっても楽しいと思います。
着せ替え感覚で完全オリジナルの一品を作る楽しみがあると思うのですが
そういった美的センスが皆無のために自分は黒一色になりました。




最後に、1作目のサンダルを作ろうとしている人に失敗ポイントのご紹介です。
↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン7・鼻緒の向きに注意
鼻緒の切れ目を入れるときに、ベルトが外くるぶしに向かいやすいようにと
写真の右足の鼻緒のところに書いた赤線のように斜めに切ると
サンダルを履いたときにサンダルがねじれます。
(/ω\)
くれぐれも真っ直ぐ水平にした方が良いと思いました。



もう一つ。
鼻緒のところの留め金なんですが、浅すぎると内くるぶしから来たベルトも鼻緒の留め金のところにズレて行ってベルトが緩みます。
左足の部分だと鼻緒が長すぎて足首の動きの邪魔をするかも知れません。
右足の部分だと走れないことも無いけど浅くて気になりました。
走ってて気にはなるけど脱げることは無かったです。
↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン7・鼻緒の留め金の位置に注意




ちなみに、ベルトの折り返し部分を鼻緒から離して締めても
走ってると鼻緒の方にズレてしまいます。
最初から鼻緒のところで締めたときよりも緩むので
この場合はとてもじゃないけど走ってられませんでした。
一度止まって締め直さないといけないので、初めから鼻緒の部分で締めましょう。
↓画像をクリックすると大きくなります。
自作ランサン8・留め金の位置にズレていきます





下手くそな文章に長々とお付き合いいただきましてありがとうございます。
検索すると他にも自作されてる方でもっと見やすく、もっと分かりやすい記事もいっぱいあると思います。
世の中では厚底シューズが流行ってますが、シューズの性能に振り回されることなく
自分の足で自由に走り回れる人が一人でも多く増えることをお祈りしてます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koritoru.blog2.fc2.com/tb.php/1907-acd10d0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

こたつむり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する